避妊薬を使い続けてもう1年半!私がアフターピルを知ったきっかけ

サイトメニュー

2種類のピル

避妊薬には大きく分けると2種類あります。
低用量ピル(以下:OC)
・アフターピル
この2つの目的は「避妊」。
ですが、服用方法には大きな違いがあります。
OCは、妊娠を回避するには計画的な服用を必要とし、毎日決まった時間に服用を続けることで効果を発揮します。
また、女性にとっては嬉しい副効用もあります。
・肌荒れ改善
・月経痛・不順改善
などもあり、避妊薬として以外でもホルモンバランスを整え、女性の生活向上に役立てることができます。
一方のアフアーピルとは万一、避妊に失敗した際に1度だけ服用するものになっています。
用量としては"中用量"となっていて、副作用はOCに比べると負担が大きいとされています。
こんな時に服用を行う避妊薬です。
・コンドームの使用をしていなかった
・膣内でゴムが外れてしまった
・ゴムが破れていた
・性犯罪の被害者となってしまった
こういった不測の事態に服用するとされています。
アフターピルは1度の服用でほぼ確実に避妊することができ、飲み薬で避妊できる最後の手段となります。

【アフターピルの作用】
・排卵の抑制
・着床の阻止
妊娠するには"精子"と"卵子"が出会い、受精卵となることが必要です。
なので、排卵をおさえることで受精卵となることを阻止することで妊娠を回避します。
また排卵後であっても、子宮内膜の増殖を抑制してくれるので、着床しにくい状態を作りだしてくれます。
「ノルレボ」という製品が一般的に使用されますが、保険が効かないので1万円以上かかります。
なので、万一にも備えるという意味でノルレボのジェネリックである「アイピル」がオススメ。
アイピルは海外通販で購入することができます。
それも1錠が800円ほどになるので、お守りとして持っておいた方がいいかも知れないです。
【副作用】
・吐き気
・頭痛
・倦怠感
・めまい
これらの症状はホルモンのバランスに変化が起こるので起こるとされ、アイピルの場合には一時的となります。
一方のOCは、からだが慣れるまでに数ヶ月かかると言われています。