避妊薬を使い続けてもう1年半!私がアフターピルを知ったきっかけ

サイトメニュー

アイピルの避妊率

女性なら誰もが気になるところである避妊。
避妊具をつけていたとしても、破れてしまったりすることもありますよね。
考えたくはありませんが、性犯罪に遭う可能性だってゼロではありません。現代でも、女性が被害届を出さないために、公になっているものは氷山の一角にすぎないと言われています。
震災の時などもそのようなことが多発していたという話もあります。
そんな万が一の緊急時のためにも、できれば常備しておきたいのがアフターピルです。
避妊薬のアフターピルとしてもっともポピュラーなのがノルレボです。
ですが、こちらはやや高額です。
実はノルレボのジェネリック薬があります。
それがアイピルというものです。
アイピルは72時間以内に飲むことで効果があるといわれていますが、時間は早ければ早いほど効果が高くなります。
24時間以内で95%の効果があるというデータがあります。
アイピルは、プロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる種類の薬になります。
黄体ホルモンが体内でバランスをコントロールすることによって、卵巣からの排卵を停止し妊娠を防ぐ作用をします。
すでに排卵している場合はその卵子と精子の受精を防ぐ作用が働きます。
空腹時よりも食後に飲用したほうが効果が得られます。
副作用は、人によっては、吐き気、腹部の痛み、倦怠感、頭痛、不正子宮出血、生理サイクルの乱れなどがあります。
吐き気を我慢できずに吐いてしまうと、ピルの効果がなくなってしまうので、吐き気を感じても吐くのはなんとか我慢しましょう。
通常の避妊薬は、毎日決まった時間に飲まなくてはならないため、飲み忘れてしまったりすると避妊の効果が得られませんが、アフターピルであるアイピルなら、その時に飲めばいいので、避妊薬としても安心できます。
ただし、アイピルは市販で売っていないので、婦人科のある病院へ行って処方してもらわなくてはなりません。
そうなると時間もかかるし、診察代など結構かかってしまいます。
また、誰かに見られたら…と思ったりするとなかなか行けないですよね。
最近では個人輸入代行サイトというものがあり、普通の通販と同じような感覚で簡単に注文することが可能です。
誰にも知られず、格安で簡単に手に入れたいという方は、こちらのほうがおすすめです。
女性として、自分の身は自分で守るために、お守りとして持っておいた方が安心ですよ。